施工風景

施工風景

外壁塗装をするにあたり、手の届かない所や、下から見えにくい所などを、高圧水洗浄をし、塗装する為に、足場を掛けます。
近所に、塗料や汚れ等が飛ばないように、メッシュを張ります。
建て具等、また、ガラス、冊子などに、塗料が付かないように、ビニールを張り、塗料の付着を防ぎます(これを、養生と言います(^^)
塗装前に、高圧水洗浄をします。塗装なので、汚れてる所に色を塗れば綺麗に見えますが、やはり、洗浄をして、1度、古くなった、塗装の膜や、コケなどを落として、下地を作り塗らなければ、直ぐに傷み、艶が引き、数年で、また、塗装をする様になってしまうので、高圧水洗浄は、欠かせない工程です。
壁の下塗りです。これは、分かりやすく言うと、のりです。塗料が、しっかり、壁になじむ様、また、ひび割れを直したり、下地作りです。
漆喰壁の塗装ですが、漆喰壁は、軒下ですので、色がくすみやすく、念入りに塗装しないと、色があがりません。
軒の塗装です。軒も、大体の住宅が、白ベースが支流ですが、蜘蛛の巣が張りやすく、汚れが目立ち、是非、自宅の軒を見てください。軒の綺麗な家は、本当に綺麗に見えます。
雨戸の吹き付け塗装です。割と、雨戸や戸袋は、素材が違う為塗装できないと、断る塗装屋さんが多いですが、そんな事ありません。その素材にあった、プライマー(接着剤)を、下塗りすれば、バッチリですが、やはり、ガンで吹かないと、ハケの目や、ローラーの目が出てしまい、新品の様にはなりません。
破風塗装です。屋根に並んで、直射日光を受けてしまいますので、傷み安く、人のからで例えれば、頭に巻く鉢巻の様に、私は思ってます。破風や樋に、艶があり、光っていると、家全体が、締まって見えます(^^)
木部のキシラ塗装です。築年数が古い建物は特に、木部が多く、木が傷み、腐ったり、割れたりしますが、この塗装を、施す事により、傷みの進行を止めて、木本来の美しさを、よみがえらせます。
ヘッドカット、読んで字の如く、頭カット!これは、主に壁を張り替えたり、新しく外壁を作った時などに、既存の壁に、模様を合わせるのに、使う技です(^^)
壁の、中塗り?の、上塗り!仕上げです。この3工程で、壁に、塗料の膜をはり、汚れや、傷みを防ぎます。
養生を(ビニール)を、剥がして、掃除や、冊子の見切りなどを、綺麗に補修して、完成です。
ちょっとまったぁ?!足場をばらして、建物の周囲の掃除をして、ご近所に、挨拶をして、完成でした(^^)